<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

おかえり…BGM

f0182167_10481042.jpg

          アトリエで使っているお気に入りのCDラジカセが壊れてしまい…
              なんとか修理してまた使いたいと思ったものの
       メーカーさんは診もせずお決まりの『もう部品がありませんので無理です』
               (自社製品をいとも簡単に「捨てろ」と…?)

          でも便利な時代…ネットでひたすら探し…そして遂に見つけました!
              そういうものでも診て下さるオーディオショップ
                   …隣県の『MUSICA』さん…
                   修理可能という事でお願いし
                   (しかも引き取り・配達まで)
                3週間ぶりにアトリエに戻ってきました! 

          
                 あまりに静かで寂しかったアトリエに
                 またオルゴールの音色が流れてます。
                 あと10年ぐらいは頑張ってほしいな…。             
          





























 
[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-26 11:04 | GRACE SALON

製作中…春のワンピース

f0182167_13145563.jpg



春一番に着たくなるようなYUWAの薔薇プリントで
ご注文のワンピース<クレア>製作中…♪
楽しみにお待ち下さいね!
[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-19 13:14 | ご注文服

春を告げるトマト

f0182167_21362990.jpg


       いつからか毎年この時期、千葉の『夢農楽』さんのトマトをいただく…。
           今年は大雪でたくさんのハウスが被害を被った中
           なんとか無事に出荷できる運びとなったとの事…。
                  春の訪れの第一報のよう…。
              

                    『美味しいトマトを作る』
                  …その一事に生涯をかける…
               尊いなぁ・・・とシミジミ思いながらいただく。
          

                ずっとずっと作り続けられますように…
                  そういう国であり続けますように…。
[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-13 22:01 | 暮らし

                   東日本大震災を経験した者として
            これから起こりうる大地震への備えとして気が付いた事を
                   ・・・小さな事かも知れませんが・・・
                 ご参考になればと思い、書き記します。

〔耐震ラッチ〕
  家屋は全壊(倒壊はしていません)となった我が家ですが
  食器類・台所用品は全く壊れませんでしたので
  割れた食器類が散乱して足の踏み場もない…
  という状態にはなりませんでした。
  開き扉に取り付けてある耐震ラッチによってロックされ
  扉が開かず、中の物が落ちなかったからです。
  後付けできるので、これは一番のお薦めです。
f0182167_1133562.jpg
f0182167_114563.jpg


  またアンティークのカップボードの棚板に敷いてあったレースも有効でした。
  刺繍部分がストッパーになり、カップが動かないためだと思います。
  震災前にも何度か大きな地震がありましたが、不思議と壊れずに済みました。
f0182167_1174662.jpg


〔ランタン〕
  非常用ロウソクやいただき物のキャンドルなど非常時用にと取ってありましたが
  絶え間なく襲ってくる余震のため、ロウソクは使えませんでした。
  他の災害の場合は別として、地震の際には懐中電灯の他にランタン・・・
  電池とソーラー両用なら尚いいと思います。

〔生活用水〕
  30年以内に宮城県沖地震が来ると言われていたので
  お風呂にはいつも水が張ってある状態にしていました。
  給水車が来てくれても、いただけるのは飲料用だけです。
  おトイレの水をはじめ、洗面・洗濯などたくさんの生活用水が必要ですから
  (赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭は特に)そのための備えも必要です。
  浄化剤を使えば飲料用にすることもできるようです。
  また雨水を貯めておくのもいいと思います。
  今回我が家ではガーデニング用にレインセーバー(天水桶)を設置しましたが
  非常用水にもなりそうです。
  自治体によっては補助金が出るところもあるようです。

〔衛生用品〕
  一番時間のかかるガスの復旧までに、この地域で6週間ぐらいかかっています。
  お風呂に入れないので、清浄綿を準備しておくといいと思いました。

〔飾り物〕
  棚に立て掛けておく額などもテグスなど目立たないもので
  壁面と繋げておくと、落ちなくてすみます。
  いずれにしても物をあまり外には出さず
  できるだけ収納しておくのが一番ですね。

〔箪笥〕
  ウォーク・イン・クローゼットがあり、あまり箪笥はありませんでしたが
  上下2つに分かれている箪笥は皆、上の部分が落ちて壊れました。
  下に敷いた転倒防止用のゴムマットは全く機能しませんでした。
  (ピアノが2mも動いたくらいですから…)

〔バスローブ〕 
  地震はいつ来るかわからないので・・・入浴中かも・・・
  バスローブを一枚常備していました。
  4月5日深夜の大きな余震の際には、友人は入浴中だったそうです。

〔保温調理鍋〕
  震災後に購入した保温調理鍋は普段でも大活躍してしますが
  これは非常時にも役に立つと思います。
  卓上コンロである程度調理できますが、ガスの大幅な節約になりますし
  真夏は別として、そういう時には有り合わせの材料でもスープ類が
  とてもいいと思います。


また何か思い出したら随時書き足していきます。


最後に
〔これから家を建てられる方へ〕
  全壊となった我が家ですが、実は某大手ハウジングメーカーの展示場でした。
  ですが生活する中で、大地震が起こればこのような事態になる事は予測できており
  いずれ耐震工事が必要との認識はありました。
  (地盤に問題はなく、設計の問題からです)
 

  このような事態になった時に見えてくるのは「家作り」に対する姿勢です。 
  「想定外の地震」を理由にいっさい関せずという姿勢の大手メーカーもあれば
  全てのお客様をまわって対応された地元の工務店もあります。
  建てて売ってそれで終わりとするか・・・
  自分が関わった家には生涯関わリ続ける・・・それほどの想いと誇りと
  自信を持って家作りに携わって下さるか・・・
  工法はもちろんですが、そこはとても大事な事だと
  今回の罹災・建て替えにあたり、実感いたしました。


































  
[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-12 15:05 | 震災・支援

祈り

                   あの日から3年…
           一昨年のこの日、霊南坂教会で献げられた祈りを
                   もう一度献げる…

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      ………
             主よ、永遠の安息をこの人々に与えて下さい。
               絶えざる光が彼らを照らしますように…

                …私たちの力となって下さる神よ
                巨大な力に圧倒され、打ちのめされ
             絶望の闇に沈みこんでいる人々のために祈ります。
              あなたがみ手をとって立ち上がらせて下さい。
                その足をあなたが支えて下さい…

              …打ちひしがれた人々をお招きになる神よ
              住まいと財産を失い、生活を失い、夢を失い
           そして愛する人々を失ってしまった人々のために祈ります。
                  その人を抱きしめて下さい。
                 涙を流す時、共にいて下さい…

  
               …美しい調和ある自然をつくられた神よ
                 人間の傲慢によって傷つけられ
              汚染された大地と空気と水のために祈ります。
             あなたから与えられた自然と命を守ることよりも
                  自分の生活を優先させてきた
                  私たちの罪を許して下さい。
                 砂漠に花を咲かせられるあなたが
                この世界を新たなものとして下さい。
                   そして私たちの生き方も
               未来に向かって新たなものとしてください…

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
                そして同じようにあの日語られた言葉を
                     もう一度胸に刻もう…

               『 “自分に何ができるのか”を問う前に
                その想いに寄り添う者であるように…』




              それぞれがさまざまな想いで生きたこの3年…
                 どうにもならない現実はあるけれど
               それならせめて選択の余地がある事は
               道を間違えないでほしいとあらためて思う。

                 『 ・・・どこ出身か聞かれると、
          「ごめんなさい、福島です」と答えるしかなかったです・・・』
                          (未来新聞 2014年3月11日号)

           子どもたちに2度とこんな言葉を言わせてはいけない。


  『原発は再稼働も新設も輸出も絶対に反対です』


               『さようなら原発1000万人アクション
           脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める署名』

[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-11 20:29 | 震災・支援

f0182167_20395579.jpg

f0182167_20395513.jpg



新入荷のYUWA生地でワンピース製作中…。
コートとしても着られるワンピースです。
春待ちドレス…♪
[PR]
by atelier-rejoice | 2014-03-03 20:39 | お洋服(オリジナル)